HOME >> 目に見えるかたちで示す

VISUALIZATION 

目に見えるかたちで示す

サインシステムの設計

大規模な建物や非連続な空間においては、目的がはっきりしている利用者をスムーズに誘導するサインが必要とされます。多様な人々の動線を想定した配置計画から、誰もが容易に理解できる表示のデザインまで、システムとして機能するサインをトータルで設計します。

理解のための情報デザイン

目的にたどりつくための道筋をすばやく知りたい人のためには、複雑・大量の情報やとらえにくい事柄を、わかりやすい表現で伝えることが重要です。地図やダイアグラムなどの明快な図表現、専門的な内容の解説など、わたしたちは情報を整理・編集し、目に見える形に示すノウハウを備えています。

グラフィックデザイン・環境グラフィック

楽しさやくつろぎ、上質感などが求められる空間においては、サインは利用者を案内するだけではなく、その場の雰囲気を演出する役割を担っています。全体をひとつのイメージにまとめる V.I.(Visual Identification)計画や、空間に彩りを与えるプロダクトデザインにより、見えないサービスやコンセプトを形に表し、豊かなアイデンティティを創造します。